カテゴリー
 

ウィジェットが編集できなくった時の対処

WordPress 5.8よりウィジェットエディターはブロックで配置する形式(ブロックウィジェットエディター)に変更されましたが、
使っているテーマが対応していない場合、
「〇〇ブロックはエラーの影響を受けており、正しく機能しない可能性があります。」
というメッセージが出て編集できない事象がでます。

その時は

Classic Widgets というプラグインを入れて以前のウィジェットエディターに戻して対応。

ショートコードを呼び出し表示する

特定のカテゴリーに属する投稿の一覧表示

ホームのURLを取得する【WordPress】

自分で作ったテンプレートファイルを読み込み表示させる

sample.php というテンプレートファイルを読み込み表示させたい場合

本文内容を150文字に制限したうえで後ろに「…」を付与する【WordPress】

一覧表示などの場合に使うやつ。

サブカテゴリーを表記【WordPress】

サブカテゴリー(子カテゴリー)だけを表示する。

アイキャッチ画像のURLを抜く【WordPress】

アイキャッチ画像のURLだけを抜いて利用したい場合は、テンプレに下記を挿入。



トップページにだけ表示させる【WordPress】

メインインデックステンプレートやcontents.php などに

以下のタグを挿入する。